精力剤の使い方

30.08.12 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

精力剤のなかには、アルコールと一緒に摂取すると効果が薄れてしまうものもあります。
せっかく精力剤を使用しているのに、効果が薄れてしまったら残念ですよね。
用法、容量を守って使用することが、精力剤の効果を高めるための近道です。
思うように効果が出ないからといって、自己判断で容量を増やすことは厳禁です。
容量以上を服用すると、副作用の原因になることもあります。
サプリメントの場合は1日に服用する量が決まっていて、
飲むタイミングは決まっていない、というのがほとんどです。
その場合は、空腹で服用すると胃に刺激を与えてしまうので、食後に服用するようにしましょう。

 

精力剤以外の改善法

それは、精力の低下の原因を探ることです。

加齢による精力の低下は40代ころから始まる人もいますが、
8割以上が自覚するのは70代に入ってからです。
そもそも更年期以降の男性を対象として開発された精力剤が
いまや若者にも使用されるようになったのは、ストレス、疲労が原因と言われています。
性機能が低下することは、男性にとって自信を失うばかりか、ストレスにもなります。
このストレスによってさらに症状が悪化するのです。
精力を取り戻すためには、心と体の疲れを解消することが大切です。
心身の疲れをためないように、自分なりの解消法を身につけるようにしましょう。
また、適度な運動も心がけましょう。
血行を促進することができ、運動すること自体がストレス解消にもなります。
精力剤に頼るだけでなく、日々の生活を見直すことで改善していきたいですね。

情報満載の精力剤最新人気ランキング2012も参考にしてみてください。